リクルートエージェントをお薦めできる理由

リクルートエージェントに登録しておけば、Iターン、Uターンも可能なんです。

今、新卒で就職した人の4割が3年以内に離職するといわれています。当然、Iターン、Uターンを希望する人も増えていると思われます。

リクルートエージェントは2007年5月現在で、全国に14拠点を構えており、第2位が8店舗ですからリクルートエージェントの店舗網が充実しているかが分かります。

リクルートエージェントがすごいのは定年退職後に郷里で働きたいという相談も受けてくれることですね。

リクルートエージェントの転職サポートは全て無料です。

希望する企業の情報、面接予行、給与交渉などのサポートが全て無料というのが大きな魅力です。

リクルートエージェントに登録さえしておけば、定期的に求人も紹介してくれるんです。

リクルートエージェントを利用した人の7割近くが年収をアップさせているのですから、転職サポートがいかに充実しているかが分かります。

リクルートエージェントの転職のプロが、相手企業担当者と交渉するから年収アップ率も高いのでしょう。

転職は人生の中の大きな出来事です。人生を変えるかも知れないのです。

後で後悔しないためにも、リクルートエージェントに登録して、転職先をじっくり探したいですね。

リクルートエージェントはなぜ人気があるの?

リクルートエージェントは数ある転職支援会社でもトップクラスの人気と情報量を保有するんですね。

リクルートエージェントがなぜここまで人気があるのでしょう?

転職を希望する人にお薦めのナンバー1がリクルートエージェントです。人材紹介会社では断トツの人気を誇ります。

リクルートエージェントは何といっても求人数の情報量が違います。
求人情報数は2006年9月末段階で約7万2500名に上ります。

これは第2位の人材紹介会社の約2倍の情報量になるんですね。

リクルートエージェントの社員は女性が半分で、女性のキャリアアドバイザーが50%にもなるんです。

リクルートエージェントで転職情報を得て、転職した人の66.4%の人が年収アップに成功しているんです。

リクルートエージェントは全国に14もの拠点を置いており、Iターン、Uターンの相談もできるというから、これは便利です。

これだけ利用しやすいのであれば人気が出ない訳がありません。

リクルートエージェントの求人数はライバル会社を大きく引き離して、国内NO1です。

さらに、大手企業の求人情報も沢山持っているようです。
大手企業の求人情報をこれだけ持っている人材紹介会社は他には見当りません。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーはその半分が女性です。

女性の転職希望者は、キャリアアドバイザーの希望も女性にして欲しいと望む人が多いでしょう。いや、男性の転職希望者もキャリアアドバイザーは女性のほうがいいですよね。当然。

女性キャリアアドバイザーだと、相談する人も安心できます。
これもリクルートエージェントの戦略でしょうか。

転職する人は精神的にも不安を抱えており、転職支援会社のサポートが万全だと本当に助かります。

リクルートエージェントのサービス2

リクルートエージェントは就職、転職支援実績が国内トップクラスです。

全国の情報網を持ち、利用は無料というのが魅力ですね。
転職を考えた場合、より数多くの実績を持っているリクルートエージェントならば頼りになりますよね。

転職する場合、転職エージェントを利用するメリットとしては、
リクルートエージェントなどの人材紹介会社を利用すれば、転職先を探す時間が効率化されることですね。

今の仕事を続けながらも、転職希望があれば、転職エージェントが面倒な手続きを行ってくれるのが魅力です。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーが自分に代わって待遇、給与などの条件交渉を行ってくれるのです。

野球でいえば、代理人というところですね。

リクルートエージェントは非公開求人情報も多数持っています。
非公開求人情報は一般には殆ど出てきません。

大企業でも求人広告を出さずに、リクルートエージェントなどの人材紹介会社に非公開求人を出して、人材を募集しているケースも緒あり得ます。

それだけに、業歴の古いリクルートエージェントの非公開求人募集情報に魅力を感じるのは私だけでしょうか。

卒業して、夢を持って就職した職場を3,4年で離職するケースが急増しています。これを第二新卒の転職というらしいですが、リクルートエージェントはこの第二新卒もばっちりサポートしてくれるのです。

リクルートエージェントは女性向けの求人情報を多く持っているのも特徴です。

全国に15拠点持つリクルートエージェント。

主な拠点としては、東京、札幌、千葉、横浜、名古屋、大阪、京都、神戸、広島、福岡などがあります。

リクルートエージェントは多くの新会社を立ち上げています。
国内ナンバー1の転職エージェットとして、リクルートエージェントはさらに飛躍するでしょう。

リクルートエージェントのサービス

リクルートエージェントに転職希望登録をすると、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーと積極的に職を探していくことになります。

リクナビNEXTという転職情報会社は求人情報を流す会社ですが、リクルートエージェントは一緒に仕事を探すことが売りです。

リクルートエージェントの首都圏のアドバイザーは一部ホームページでも見ることができるようです。

リクルートエージェントに登録して、エージェントと面接ことになりますが、手続きは写真を持っていくだけでいいです。

面接は土、日、夜間でも受け付けてくれます。

リクルートエージェントは全国に15の拠点があるので、インターネットで登録して、近くの拠点で面接を受けるのがベターですね。

リクルートエージェントは年間1万人以上の転職を支援しており、転職希望者には抜群の人気があります。

転職希望者が多い時代にあって、業績はうなぎのぼりに伸びており、今後も高い伸び率が予想されます。

創業29年の業歴も信用のバロメーターになっており、大手企業への紹介も多いようです。

リクルートエージェントは大企業の求人情報も多く持っているといわれます。

ただ、大企業の選考はシビアなので、登録した人が即転職できるというわけではありません。

リクルートエージェントの、無料で現在の市場価値、年収相場を査定するキャリア査定サービスで自分の価値をしっかりと判断する必要があります。

リクルートエージェントの資料によると

取引企業・・・8300社

公開求人数・・・4500件

非公開求人数・・・25000件

キャリアアドバイザー数・・・500人以上となっており、

その情報量の多さが群を抜いています。

リクルートエージェントは人材紹介会社

リクルートエージェントとは株式会社リクルートエージェントのことで、リクルートグループの転職エージェント、人材紹介会社です。

1977年に設立され、2006年に株式会社リクルートエイブリックから株式会社リクルートエージェントに社名変更されたものです。

新卒で就職した人の4割が3年以内に転職するというデータもあるほど、転職のサポートが必要な時代になっています。

リクルートエージェントは転職支援サービスを展開する人材紹介会社ですが、転職業界ナンバー1の実績を誇っているといわれます。

転職といっても、自分に向いている転職先を探すのがわからない。
仮に、転職できたとしても、今より収入が増える保障はないのです。

転職したい、ではどうすればよいのでしょうか。

転職するには、自分はどうして転職するのか、転職する必要があるのか、自分の性格に合った、自分が希望する転職先を見つけてくれる専門の組織があればこの上ないですよね。

そんな、転職を支援するサービスを全国に展開しているのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは登録した転職希望者にしっかりとカウンセリングして希望する、適した転職先を紹介してくれます。

転職は二度目の就職活動であり、自分の性格をしっかり理解し、真剣に転職を考えるべきであり、リクルートエージェントが第3者の立場でアドバイスして、よりよい転職先が見つけやすくなるでしょう。

リクルートエージェントの利用は無料なので、転職の際は利用したいですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。